WLTCモード………

ネタ元は→こちら 以下抜粋

マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、『マツダ CX-3』の

ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」搭載車(今夏発売予定)が、

「WLTCモード」の認可を取得したことを発表しました。

WLTCモードは、3つの走行モード「市街地モード(WLTC-L)」

「郊外モード(WLTC-M)」「高速道路モード(WLTC-H)」で構成された

国際的な試験方法です。従来のJC08モードに比べ、冷機状態での

走行時間割合の増加、アイドリング時間比率の減少、運転者以外の

乗員や積載物の重量考慮などにより、実際の使用実態を意識した

内容となっています。

画像


SKYACTIV-G 2.0 SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT) 2WD(FF)だと

JC08モード          17.0 km/L

WLTCモード燃費       16.0 km/L

市街地モード(WLTC-L)   12.2 km/L

郊外モード(WLTC-M)    16.8 km/L
  
高速道路モード(WLTC-H) 18.0 km/L


…となるらしいですが……なんかややこしくなった…様な…??

……まぁ、自分はカタログ燃費だけで車を買う事はないので

あまり関係はないのですが……にしてもCX-3のガソリンエンジン

やっぱり2.0L、なんですねぇ…、1.5Lなら価格も期待できそう…

だったけど………………

この記事へのコメント

粘着
2017年06月03日 20:55
う~ん、宝くじが当たらないと手がでない・・・。
2017年06月03日 22:08
ドリームに賭ける…って以前にも(苦笑)
粘着師匠様
コメントありがとうございます。
…2.0Lガソリンだとあまり価格が…
変わらなそうです………。
2017年06月03日 23:18
1500ccを超すと税金が1ランク上がりますしね。
レヴォーグみたいに1600と2000を用意する意味不明な
クルマもありますが。
2017年06月04日 22:07
くびき野さん、
コメントありがとうございます。
…ガソリンの1.5L、デミオにも搭載してる
ので、それほど難しくはなさそう……
なのですが…。まぁ、最近は、国内よりも
海外をメインにしてますよね……どの
メーカーも…あのメーカーは…志がない
ですよね……。