ダイダラーの徒然雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 対象外…でした…

<<   作成日時 : 2016/09/01 23:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

アクセラのリコールが出たとの事でしたが、

うちの子は対象外…だったようです…。

アクセラ、アテンザ、CX-3、CX-5、プレマシーの場合

リヤゲートのガス封入式ダンパーステーにおいて、

外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、

塩害地域の塩分の影響で腐食することがあります。

そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が

進行し、外筒が膨らみ、エンドキャップが割れ、リヤゲートを

開く際に外筒が破裂し、最悪の場合、周囲の人が負傷する

おそれがあります。

改善措置の内容

全車両、当該ダンパーステーを対策品と交換します。なお、

交換部品の準備に時間を要することから、年式の古いもの

から対策品と順次交換します。ただし、2010年以前の

生産車については、当該ダンパーステーを点検し、

エンドキャップに亀裂が確認された場合は、暫定措置として

リヤゲートを使用できないようにします。

画像


CX-3、デミオ、アクセラの場合

ディーゼルエンジンにおいて、エンジン制御コンピュータの

吸入空気量制御が不適切なため、気筒内の燃料濃度が

部分的に濃くなり、燃焼時に多く煤が発生することがあります。

そのため、排気バルブが開いた際に煤が排気側バルブガイド

周辺に入り堆積して、バルブが動きにくくなり、圧縮不良による

加速不良や車体振動が発生し、最悪の場合、走行中に

エンジンが停止するおそれがあります。

改善措置の内容

全車両、制御プログラムを対策プログラムに修正します。

また、インジェクタおよび排気側のバルブ周辺に堆積した煤を

清掃します。

画像


……ガス封入式ダンパーステーは他社も同様のリコール

出ているようですね。…気になるのはディーゼルエンジンの

リコールですが……この対策で収まってほしいですね…。

某社のように4〜5回も同じ部分のリコールを出すようなことに

ならなければ良いのですが……。

(画像はMAZDA公式サイトより)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お師匠様こんばんは〜。
おおおっ、まずは一安心!!。
ただ、エンジンの方はちょっと怖いですね。これで何も無ければいいのですが。
粘着
2016/09/04 21:44
「塩害地域」…はっきり言って錆びますね!(笑)
まだこもよ
2016/09/06 19:41
ダイハツと同じメーカーのダンパーストラットでしょうね。
トキコかショーワ?
くびき野
2016/09/07 20:42
粘着師匠様
コメントありがとうございます。
とりあえず今回は…良かったです。
ただ、ディーゼルの方が…この対策で
おさまると良いのですが…。
blackaxela
2016/09/10 23:17
まだこもよさん
コメントありがとうございます。
確かに「塩害地域」と限定されると…(笑)
blackaxela
2016/09/10 23:20
くびき野さん
コメントありがとうございます。
今回の発端は日○のセ○ナで起こった事象
から他社に波及した…様です。
共通部品がココまで増えてるとは………。
blackaxela
2016/09/10 23:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
対象外…でした… ダイダラーの徒然雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる